プロ養分のパチスロ日記

ひだまら~×パチスロ養分のブログです٩(`・ω・´)و


パチンコ・スロットの稼働記事を中心に、お料理記事やアニメの話題などがメインとなっております~


コミュ障なので自分からコメントとかはあまりしないです←
あ、他のブロガーさんの記事も読ませてはいただいてるんですけどね?


気軽にコメントやnice!をおねがいしますっ♪

【2017年導入機種】ゆのっち的☆レビュー




ども、おはこんばんちわ!ゆのっちです~









今、ラブキューレを打つために寝坊防止も兼ねてホールの近くにあるカラオケ店でヒトカラして時間つぶしてたのですが、人が多くてフリータイムなのに追い出されました(憤怒)


※4/6の朝4時半くらいのことです←







さてさて、もう4月。あっという間だなーって感じしかしないんですが・・・


これから新たに18歳を迎えたもしくは迎えるウェーイ勢とホールで合いまみえることが増えるでしょう(。-ω-)









まぁ、遊戯人口が減少しつつある昨今のパチンコ・スロット業界のことを考えれば良いことなのですが、競争率が上がったりするという面ではあまり嬉しくはないですね(苦笑)











↑↑↑ミルクレープさんの魔界村



↑↑↑ にほんブログ村









とりあえず、レビュー書く前に注意事項とかgdgd書いていきますねー





・☆1~☆5までの5段階評価
2017年に入ってから導入開始になった機種が対象
ゆの氏が打ってない機種に関しては知りません

・深夜のノリで書いているので内容は薄っぺらいです
・あくまで個人的評価という前提ですのでよろしくです





というわけでこんな感じです


特定の機種が好きな方からすると不快になる内容があるかもしれないですが、流し見してくださいな←




ではでは、導入が早い順から書いていきますよー٩(๑´0`๑)۶










シスタークエスト~時の魔術師と悠久の姉妹~




メーカー:ハイライツ
導入時期:2017年1月~
種別  :A+ARTタイプ


総合評価:★★☆☆☆






通称"芋屋"ことSNKプレイモアの事業を継承し、ハイライツからのリリースとなったシスクエシリーズの第4弾!



基本的には前作のゲーム性を踏襲しているため、前作を打ったことがある人なら割とすんなり打てる機種なんじゃないでしょうか(適当)






【良い点】

・前作を踏襲したシンプルなゲーム性
・ベルが11枚になったことでART中の体感純増が多く感じる
・弱レア役でも上乗せしやすく、特化ゾーンにも入る
・割とお姉ちゃんが仕事してくれる







【悪い点】

・SINの成立頻度が高いせいで、ART中コインがゴリゴリ減ることがある
・前作同様にボーナスが重い
・ART確定している状態でも前兆を経るため、無駄なコインロスがある
・一番強い敵がエレキテル三姉妹よりも絶望感がある、勝てない(涙目)
・アゲハちゃんどこ行ったの・・・?







個人的には初打ちで勝ててるし、その後もあまり負けていないので印象は良好です



ただ、前作のキャラが出てこないし、なにより絵柄がちょっと変わったのがね;;
あ、でもお姉ちゃんはかわいいと思います!←




解析出ている通り、設定1と6では極端な設定差があるので高低を見分けるのはそこまで難しくないですね



特にリセットでの恩恵もないし、ホールも設定使ってくれないから打ちどころに悩む機種です





















GI優駿倶楽部(ジーワンダービークラブ)




メーカー:KPE
導入時期:2017年2月~
種別  :ARTタイプ


総合評価:★★★★☆





実名馬が登場する史上初の回胴遊技機との触れ込みでしたが、蓋を開けてみればまこまこ一色というとんでもない台でしたw


※このブログを読んでくださってる方はご存じかもしれないですがゆの氏はまこらーです←




しかしながら、ゲーム性や出玉面に関しても十分なものを秘めているギャップも相まって新基準機の中でも割と打てるレベルだったりします







【良い点】

・そこそこの確率で成立するMBのおかげで通常時のコイン持ちは良い
・まこちゃん
・シンボリクリスエスでの天井短縮、それを活かしたハイエナが可能
・まこまこ
・特化ゾーンが強力で複数ストックに加えて3桁乗せは日常茶飯事
・うまこ
・凱旋ロードの性能がかなり強力
・まこちゃんがかわいい







【悪い点】

・1周期70G近くかかること
・書き換え抽選があれど特定のアイコン以外だとレア役がほぼ引き損になる
・低設定域はそれこそ地獄、高層ビルが立ち並ぶこと間違いなし
・まこちゃんがかわいすぎて逆に打ち気を削がれる←
・カスタムがショボい(賞金と引き換えの割にはボイスだけとか称号だけ)







純増2枚のシナリオ管理型のART機、イメージ的には新内規版の戦コレって感じですね




導入直後は1周期の長さ、G1優駿倶楽部という機種名に反して馬が全然出てこなかったりもあってクソ台のレッテルを貼られていましたが、今現在は増産分を取り合ったり新パネルの作成が噂されたりとだいぶ人気な機種になりましたね('ω'*)






実際のところ、出玉ガーとか言われていましたが破壊力抜群の凱旋ロード、まこまこタイム中の爆乗せなど一撃大量獲得の契機はあります



それに、凱旋ロードは突入した時点で800~1000枚くらいの出玉を持って臨むわけですので一撃2000~3000枚は堅い仕様です




また、当初はゾーンと囁かれていましたがシンボリクリスエスによる天井短縮、温泉ゾーン中のMBでのCZなどハイエナできる要素もあってゆの氏イチオシの機種です^^




何といってもまこまこかわいいですからね!
まこちゃんがいるだけで打てます←






















エヴァンゲリヲン 勝利への願い



メーカー:ビスティ
導入時期:2017年2月~
種別  :A+ARTタイプ


総合評価:★☆☆☆☆







エヴァシリーズの最新作、ボーナスと玉集め方式のARTを搭載したA+ART機ですね


正直、個人的にはこれはエヴァだとは思ってないので特に書くことはないのですが・・・







【良い点】

・スルー天井狙いでのハイエナが有効
・設定変更時の約90%でスルー天井が5回以下になること(リセット恩恵)







【悪い点】

・初代やまごと比較するとエヴァの面影を感じない
・玉集め
・BIG確率が1/900の割には枚数が少ないと感じる







ハイエナで使える機種ではあるのですが、初打ちで受け付けなくなりました←


好きな人は好きなんでしょうが、個人的に”スロエヴァ”と言えば約束の時までなのであの頃のノーマルエヴァを返して欲しい気持ちでいっぱいです・・・。





おそらく今後打つことはないと思われます(´・ω・`)





















ドリスタせかんど



メーカー:NET
導入時期:2017年3月~
種別  :疑似ボARTタイプ


総合評価:★☆☆☆☆






初代ドリスタと言えば5号機初期のころの名機ですよね



”ドリスタ”というネームバリューを背負ってるわけだからかなり期待していたのですが出てきたのは産廃同然のクソ台でしたね;;



筐体はガチャガチャを彷彿とさせますが、すでにパトレイバーでガチャガチャはアカンという結論が出ているのにどうしてこうなった・・・







【良い点】

・高ベースなのに天井が約660Gと浅め(その分ボナ枚数は少ない)
・高設定のボナ確率は破格、設定3で機械割が100%を超える







【悪い点】

・ボーナスの枚数が少なすぎる(純増詐欺)
・高設定は明らかにボーナスが軽いため、設定が分かりやすい故に店も使いにくい
・クソみたいな出玉スピード
・ドリームオールスターといいながらもミントがいないし、ドリーム感がない





もう語ることはありません・・・。
あの頃のNETはいないのです・・・





















ビビッドレッド・オペレーション



メーカー:三洋
導入時期:2017年3月~
種別  :A+ARTタイプ


総合評価:★★★★☆





個人的にはめっちゃ待ってた版権でしたが、まさかの三洋ですか・・・(困惑)


・・・と、思っていた時期が私にもありました←




特徴としては、ボーナス合算は1/168~1/156とかなり軽めでART契機はボーナスのみ。
セット数上乗せ型のART『ビビッドRUSH』でつなぎつつボーナス連打で出玉を増やしていくタイプです







【良い点】

・ボーナス合算がとても軽い
・スイカが本当に強い(昨今の機種では珍しい)
・複数セット上乗せが割と現実的な確率で発生する
・ART中はどこでボーナスを引いても美味しい
・REGからのARTで単発がないこと
・フェチ度が高い(特にお尻)
・ももちゃんがかわいい






【悪い点】

・天井は800Gを超えてからのボーナス当選であること
・合算の軽さが嘘と思えるようなハマりがちょこちょこある
・チャンス演出でのスベリリプレイがウザい






最初はメーカーが三洋と聞いて、かなり不安でしたが今となってはレギュラーですw


設定に正直な側面を持ちつつも、低設定でも一撃1000枚、2000枚レベルであれば十分狙えるというのはかなりの魅力じゃないでしょうか




昨今の機種は設定ツモってなんぼですが、低設定でも戦える・打てる遊戯性があります


これは他のメーカーにも見習ってほしいですね
今のパチスロは遊戯性の欠片もないですから・・・





















輪るピングドラム



メーカー:北電子
導入時期:2017年3月~
種別  :A+ARTタイプ


総合評価:★★☆☆☆







まさかスロット化するとは・・・って感じだったのに、メーカーが北電子とは・・・w


基本的にボーナスはREG(78枚)でこのREGと2種類のCZからARTを目指していく感じのゲーム性です




ART『デスティニータイム』は1セット7Gで小役成立でロケット上昇+G数再SET。
1セット7GのARTといえば個人的には一騎当千が思い浮かびます・・・







【良い点】

・原作リスペクト
・ART中は小役成立が重要なので、毎Gレバオンに期待感が持てる
・良い意味で溢れる北電子臭
・偶奇の判別はしやすい






【悪い点】

・REGが重い
・”作品”としては優秀、”スロット”としては駄作
・プレミアで出るGO!GO!ランプなどが寒い(ネタとして)





















攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG



メーカー:サミー
導入時期:2017年3月~
種別  :A+ARTタイプ


総合評価:★☆☆☆☆







これも同じく特に何も言うことはありません。


2の方が良台なのって少ないですよね
というか、思い出補正込みでも前作が良すぎたんだよなぁ・・・






【良い点】

・リセットで天井が500Gになる






【悪い点】

・出玉への糸口が見えない
・攻殻機動隊というネームバリューだけで売ろうとした結果がこれだよ
・スイカに前作の様なアツさがない





















防空少女ラブキューレ



メーカー:コナミアミューズメント
導入時期:2017年3月~
種別  :A+ARTタイプ


総合評価:★★★★★





スカガの正統後継機である、ラブキューレですが新基準機の中ではビビオペに次いでトップクラスの好スペックの機種だと思います



本当に軽いボーナス、打ち込みの足りないにわかからは無理ゲーだのなんだど言われつつも普通に勝てちゃうCZ。



ARTもとりあえず入ってしまえばある程度の出玉は見えるのが魅力です。







【良い点】
・お尻
・本当に軽いボーナス
・おっぱい
・レア役を引かなくても普通に上乗せ特化ゾーンに入る
・フォールドちゃんかわいい
・1/2000のEX-BIGを引ければ設定不問でスタートラインに立てる
・みんなかわいい
・割と引けるBAR揃いで無限ARTに入る
・高確での強レア役がめちゃくちゃアツい
・BIGで200枚獲得できる(とても重要)
・中リールにスイカを狙えば、左・右リールはフリー打ちできる(マジハロ5っぽい)







【悪い点】
・通常時にBIGからART当選しにくい(7揃い確率が低すぎる)
・通常時のREGはチャージリプ0個で駆け抜けが頻繁にある
・キャラの立ち絵は最高にかわいいけど、アニメ絵だとちょっと微妙







まだ4月ですが、これ以上に優秀な台出ますかね?←



昨今のA+ARTっていうとまどマギやビビオペは150枚、真ラブだと180枚。


1BIGで200枚取れるってのがなかなか少ないのでこれだけで十分嬉しいのですが、そのくせ合算がめちゃくちゃ軽いのが魅力です




”出玉”っていう側面でも設定問わず狙えるスペックと”遊戯性”という観点で見ても部分を両立した2017年ここまでのベスト台です(*´ω`*)














~ゆのっちの戯言①~


ここに書いてない機種は、個人的にほんとにどうでもいい台っていうと言い方が悪いですけど触る気すら起きない、魅力を感じないです。



1度も打たずにホールから消えていくと思います(´・ω・`)




まぁ、何を基準に良台かどうかっていうのは人によって色々あると思います。
(大抵の人は出玉だと思いますが・・・)






そこで、ゆの氏的に重視するポイントはずばり2つ!




出玉と遊戯性のバランス
萌えやフェチ度

タイアップ機の作品リスペクト度




このうちどれか1つでも満たしていない場合は、ゆの氏はまず打ちません
打ちませんというか打つという選択肢に入らないって言った方が正しいですかね。





で、さっきから『遊戯性』ってなんだ?って話になります





個人的見解を言うと単純に1kで40~50G回る高ベースを指しているわけではなく、程よい投資である程度のリターンが見込めるいわゆる遊べる機種ってやつです





朝イチから打つタイプなので、朝っぱらから投資が4万、5万とかさんでしまってはお昼頃には涙目で撤退するハメにもなりかねませんからね






なので長い目で見てもその日の総投資が4~5万行くか行かないかくらいで、夕方くらいまで打てる機種が望ましいってことです





それらを考慮した上で、今もホールで打てる現行機種で代表的なのを挙げると...




・アイドルマスター
・ToHeart2
・ツインエンジェル
・ひぐらし/うみねこのなく頃に
・ガールズ&パンツァー
・A-SLOT偽物語
・プリズムナナ・エース
・麻雀物語3





あたりですかね
萌え・出玉・遊戯性のバランスが取れていると思います




ま、大体このあたりの機種上げるとクソ台呼ばわりされるのがオチでしょうが昨今の新台でこれらよりも良い台なんて年に2~3台あるかないかくらいですし、そんなに高設定ツモって出したいなら株とかFXでもやってりゃいいんですよ。













~ゆのっちの戯言②~


※文才がないからあまり上手く書けないかもしれないです(´・ω・`)




戯言①の最後で書きましたが、儲けたい・勝ちたいならそれは別にパチンコやスロットである必要はないんですよ。




そして、そもそもスロットがギャンブルっていう認識がどうなのかな~って自分は思います。
これは自分が小売業で働いてからずーっと思ってきたことです。





どういうことかというと、射幸性の高い・大量の出玉を望む打ち手とそれに応えようとするメーカーという関係が顕著に見られる現状があるわけですが、これが勘違いの原因というか遊戯という側面を打ち消してしまっている要因なんだと。




パチンコ・スロットの本質はあくまで”遊戯”である。
自分はホールで打ち始めてからそう思ってきました。




自分の経験を活かした書き方をした方が伝わる気がするので、小売店と客に置き換えて説明しますね。




ホール=小売店(スーパーやコンビニ)


打ち手=客





小売店は商品やサービスを客に提供し、客はそれを対価を支払うことで購入しますよね?



まずホール(小売店)はメーカーから台(商品)を購入して設置する客(打ち手)はそれに対してお金(対価)を払うことで遊戯する。



つまりこれは”遊戯”というサービスを受けられる、遊戯できる権利を購入したと考えられます。



そして、出た分に関しては客に商品(特殊景品)として還元され、客が払ったお金はホールに還元される。




こういった側面から見ると、ギャンブルというよりはメーカー・小売店・客という三角関係にあると考えられます。
あくまで個人的な見解ですけどね。




そういった中で、業界では規制によって射幸性の高い機種は出せなくなる。
でも打ち手がそういうスペックを望むから、メーカーは抜け穴を見つけるかのように新機種を作る。


抱き合わせとかホールに対しても芳しくない状況もあるから、機械割の高い機種に高設定を入れにくくなる悪循環。




今後も規制がかかっていくことでしょうし、スロットで稼ぐのは今以上に難しくなるでしょう。
遊戯人口もホール数も減っていく一方だし、”遊戯”っていう観点からスロットを作る・スロットを打つ時期も近いんじゃないかなーとラブキューレ打って思いました←





なんかよくわかんないこと長々と書いちゃってごめんなさい;;
自分でもよくわかってないからここまで目を通してくださった方はほんとありがとうございます。。。




ゆの氏も養分ながらに3年連続プラス収支、直近2年間は+100万をクリアしているので別に負け惜しみってわけではないんです。
今のホール状況は遊びたいっていうユーザーに対してはあまりに酷すぎると思うんです。



だからもう少しホールにも打ち手にも優しい機種が出てくれてもいいんじゃないかな~って思います。








↑↑↑ ミルクレープさんの魔界村







にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。